日本映像民俗学の会 第42回大会 in 御岳山
2019年9月20日(金)~22日(日)
 【大会テーマ】 「山と信仰」
 古くから関東屈指の霊山としてあがめられてきた御岳山。平安時代以降は、修験道の拠点として武将を中心に信仰を集め、江戸時代からは御師(おし)による講が作られ、庶民の信仰も集めました。講中(信者)が参拝する際には、武蔵御岳神社の神職である御師が自らの家を宿坊として信者を迎え入れるなど、庶民と神職がとても近しい関係にあります。

 御岳山の山頂に建立する武蔵御岳神社は、オオカミ(おいぬ様)を祀ることで有名です。狼と共存していた御岳山の人々にとって、狼は山の神の象徴、恐れの対象であると同時に、害獣を駆除してくれるありがたい存在でした。

今年の大会では、御岳山で宿坊を体験し、山と信仰、山と共に生きる人々に関する映像を鑑賞すると共に、それぞれのテーマについて考えます。
〈主催〉 一般社団法人 日本映像民俗学の会
〈日程〉 2019年9月20日(金)~22日(日)
〈会場〉 御岳山ふれあいセンター 住所:東京都青梅市御岳山38-2

    • http://www.ome-tky.ed.jp/shakaikyoiku/mitake2.html
      ※交通 青梅線:立川駅-御嶽駅(約50分)

      →西東京バス(御10):御嶽駅―滝本駅(約10分)
      →御岳登山ケーブル:滝本駅―御岳山駅(約10分) ※7:30~18:30運行
      →御岳山駅から徒歩10
〈宿泊〉 武蔵御嶽神社 宿坊 丸山荘
    • 〒198-0175 東京都青梅市御岳山51番地 
       TEL 0428-78-8441   FAX  0428-78-9965
       http://www7.plala.or.jp/mitake/index.html


      ※宿泊をご希望される方は、30名までは事務局でまとめて予約します。料金は1泊2食付きで8,000円前後を予定していますが、懇親会のある土曜日などは、酒代など料金が加算されます。また、宿坊ですので基本的には相部屋です。一人部屋をご希望の方は、まずは事務局にご相談ください。 

      エントリー申し込みは、宿泊所等連絡の関係上6月30日までにお願いします。

 

 LinkIcon出欠回答メイル

作品発表までの予定
作品の上映発表を予定している会員は、作品を8月31日までに提出してください。
申込票は下記のメイルで行って下さい。(仮登録も可)